自身の会社はロボットの部品などを造っている機械メーカーで、概ね、社員(当事業所)が100名程度の中堅企業です。新入社員研修からISO 9001やISO 14001のISOセミナーなど研修が多い会社です。 筆者自身は、当時は私立大学を卒業して当会社に入社しましたが、当時入社した新入社員は9名ほどおりました。

新入社員の社員研修の時に、半年ぐらい過ぎたら静岡県富士市にあるにある「管理者養成学校」で更に学ぶ予定があるので心得ていてほしいと言われていました。 そして、其の半年ぐらい過ぎてから、確かに先刻言われていた外部社員研修が始まったのです。

新入社員を2班にわけて行われましたが、其の際に研修用のパンフレット等が渡されて其れによって持ち物などの品目や教育要項や日数、訓練内容などが記載されていました。 そして、いよいよ、其の日がやってきました。

研修は全13日のほぼ2週間に渡って行われましたが、参加コースは色々とありましたが我々は管理者養成基礎コースというものでした。 しかし、どの研修、訓練も思った以上に厳しい内容になりました。

厳しい、極めて厳しい訓練内容で得たものは多くありましたが、自らの欠点や反省点を数多く発見することができ、更に、人として基本的な挨拶や笑顔、言葉遣い等々、普段から気が付かなかったこと、甘い気持ちでいた自分を多いに反省したのでした。