私の職場ではISO14001を意識して無駄な紙はあまり使わない、飲み物は紙コップではなく極力マイカップを持ってきて淹れることなどが暗黙の了解とはされていますが、正直なところそこまで意識して毎日を過ごしている社員は少ないようにも思います。

しかし、電気に関しては社長が一家言あり、その節約にとても熱心です。使っていない部屋の照明は必ず消すとともに、そもそも部屋が外光である程度明るければ使っている部屋であっても消灯を奨励されます。猛暑や極寒の日などで電気の使用量を抑えて欲しいとの連絡が国から出された際には、社長は嬉々として指示を出しエアコンの設定を緩めます。

本来ならばかなり社員の反感を買うような行為なのですが、私の職場では節約した電気代が簡単にですが計算され飲み会や忘年会などをその分グレードアップしてくれるという特典があるため、多くの人は不平不満を漏らしながらも素直にそれに従っています。何か自分たちに返ってくるものがあると、人は節約をより意識してできるのではないかと思う次第です。