私は小売企業で務めており、アルバイトの大学生などの人材育成を担当していました。
今まで、ISO 14001のセミナーから人材育成セミナーなどいろいろなセミナーを受講しました。
私が受講してよかったなと思っているのは「コーチングセミナー」です。

内容は、簡単に言うと「褒めることができなくても大丈夫」「認めることが大切」というものでした。詳しく説明すると、例えば、アルバイトの大学生が積極的に窓を拭いたとします。すると何かしらそのことに対してコメントを言わなければなりません。

 

人によっては素直に褒められないという人もいるかと思います。そんな時に力を発揮するのが「認めること」です。認めることは、事実を伝えるだけでいいのだそうです。先ほどの窓ふきの例を挙げると、窓を拭いてくれたが、その結果がキレイになっていないとき、「きれいになったね」とはほめられませんよね。

 

しかし、「窓拭いてくれたんだね」とその行動自体を認めることができれば、やった側としては「窓拭いたの気づいてくれたんだ」とうれしくなるそうです。このセミナーを受講してからは無理に褒めなくていいのだと気持ちが楽になりました。